Next Page ≫
【沿 革】
1877年(M10)
6月、内田銀次郎、三重県四日市市浜一色1434において鍛造品製造工場を設立、事業を開始。
1949年(S24)
6月、内田紋次郎が事業を継承し、新工場を建設。
1952年(S27)
12月、鍛造ワイヤーグリップの試作ならびに企業化に成功。
設備の拡充および企業の合理化を目的として法人組織にする。(社長、内田紋次郎。資本金50万円)
1955年(S30)
1月、各種送配電用架線金物の開発に着手。これを製品化し、全国の電力会社に納入する。
1961年(S36)
4月、中小企業助成法による四日市機械金属工業団地計画に参加(工場敷地6,600平方メートル)。
昭和38年度より機械工場、めっき工場新設計画を決定。
1965年(S40)
3月、四日市市広永町(工業団地)に工場新設。広永工場として発足。
1966年(S41)
11月、中小企業庁より全国優良受診企業として表彰を受ける。
アルミ合金鋳造工場を新設しアルミクランプの研究、それに伴う試験分析室の新設を行い、企業化に成功。
1969年(S44)
5月、本社を四日市市広永町(現在、黄金町)に移転。
1970年(S45)
6月、コンピューター導入。
1973年(S48)
10月、北海道夕張郡栗山町に工場用地を取得。工場を建設し、北海道工場として操業開始。
1975年(S50)
11月、北海道工場を独立させ、北海道内田鍛工株式会社を設立。
1977年(S52)
5月、300t 製造自動プレスを導入する。
6月、創業100周年を迎える。
9月、三貴(株)を設立。
10月、溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号477053)
1979年(S54)
7月、北海道内田鍛工が溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号179011)
1982年(S57)
2月、工業用ロボットを導入し、溶接作業の省力化を図る。資本金1億1,000万円に増資。
1983年(S58)
6月、TQC導入。ワイヤ放電加工機を導入し、金型加工の省力化を図る。
自在バンド類生産工程に順送自動ラインを導入し、一貫自動生産開始。
1984年(S59)
12月、引込鋼管柱(システムポール)が全関東電気工事協会優良機材推奨品の認定を受ける。
1985年(S60)
11月、溶融亜鉛めっき加工自動一貫工場建設、実験操業始める。
1987年(S62)
3月、九州伊万里工場操業開始。
1988年(S63)
3月、鎖心舎(独身寮研修所)竣工。
5月、九州伊万里工場が溶融亜鉛めっき日本工業規格表示許可を取得。(許可番号888006)
1989年(H1)
5月、九州伊万里工場に、地域特性に合った事業推進のため、鉄鋼工場増設。
1990年(H2)
4月、中部電力(株)との共同研究により架線金物の着色防錆処理技術の実用化に成功。
1991年(H3)
2月、資本金2億円に増資。
6月、技術の高度化、顧客ニーズの多様化に対応するため技術開発センター新築。
11月、立体駐車場の製作並びに販売に着手。
1992年(H4)
7月、一般建設業(機械器具設置工事業)三重県知事許可取得。
11月、九州伊万里工場を独立させ、資本金5,000万円の九州内田鍛工(株)を設立。
1993年(H5)
4月、名古屋支店を本社別館(旧技術開発センター)に移転。
1994年(H6)
1月、特定建設業(鋼構造物工事業)三重県知事許可取得。
2月、資源エネルギー庁長官表彰を受ける。
5月、四日市工場溶接新工場完成。
1995年(H7)
7月、一般建設業(とび・土木工事業)三重県知事許可取得。
9月、一般建設業(建築工事業)三重県知事許可取得。
1997年(H9)
1月、LANシステムを導入し、ネットワークの有効利用を図る。
7月、タンバックル加工機の導入。
1998年(H10)
11月、ドメイン名を取得。www.utk.jp
1999年(H11)
7月、機構改革により、四日市工場(製造部門の呼称)を廃する。
5月、フレームリレー網導入により、グループ各事業所間の情報通信網の高度化を図る。
2000年(H12)
1月、社内生産体制の充実を図るため、D-21専用ライン等生産設備の導入実施。
鍛造工場に防音対策を講じ、生産体制の充実ならびに騒音公害の事前防止実施。
アングル・チャンネル等材料をコンピューター加工できるビームワーカーを導入。
自動車部品用熱間鍛造品(カラー)を本格供給。
2001年(H13)
6月、ホームページの開設。
2003年(H15)
3月、ツイスタープラズマ切断機を導入。小ロット・短納期製品への対応を図る。
11月、フレームリレー網に換わり広域LAN回線を導入し、情報通信環境の改善を行う。
2004年(H16)
7月、一般建設業(電気工事業)三重県知事許可取得。
2007年(H19)
4月、マシニングセンターを導入し、金型の自社製作の充実を図る。
9月、溶融亜鉛めっき日本工業規格適合性認証を取得(認証番号:TC 04 07 027)。
2010年(H22)
5月、タンバックル無人自動加工機、サーボプレス順送ライン導入。
2014年(H26)
3月、ワイヤグリップ日本工業規格表示許可を取得(認証番号:JQ 04 13 003)
▲Page Topへ Next Page ≫
copyright(c)2012 内田鍛工株式会社